読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふだん暮らしの覚え書き

ふだんの生活の中で感じたことの覚え書きです。タイトルそのまんま。

寒い日の飲み物 その2

今日もめっちゃくちゃ寒かった〜。

寒くて寒くて今朝もなかなかお布団から出られませんでした。お布団の誘惑、罪作りだわ。(笑)

先週、寒い日によく飲んでいるもの その1「カルディのチャイ」について書いたので、今日はもうひとつご紹介。

f:id:daisynote:20170123180428j:plain

ドイツのメスマーというメーカーのハーブティ「ジンジャーレモン・ティー」です。これもカルディで購入しました。ティーパック20個入り。 輸入元のページ

お湯を注ぐとまずレモンの香りが立ちますが、飲むとジンジャー(生姜)のスパイシーな味と香りがかなり強いです。

生姜風味の冬の飲み物というと生姜湯がありますが、私には甘みが強すぎます。さっぱりと飲めるジンジャーティはないかとを探していた時に、このジンジャーレモンと出会いました。

そのままだとまったく甘くないでの、蜂蜜をティースプーン1杯半ぐらい入れて飲んでいます。自分の好きな甘さに調節できるのがいいですね。

ハーブティなのでノンカフェインだし寝る前に飲んでも安心です。これを飲んで身体を内側からじわっと温めてから夜お布団に潜るとイイ感じで眠りにつけます。

寒い日の飲み物 その1

冷え性な私は、いろんな冷え性対策をしています。

靴下やレッグウォーマー、ネックウォーマーなどは手放せません。お風呂で脚のツボ押しマッサージもやってます。

手っ取り早く体の内側から温めるには、暖かい飲み物がいいですよね。日本茶もコーヒーも好きですが、最近はまってるのはチャイです。

チャイってひと言でいってしまえば「スパイスの効いたミルクティ」ですけど、作り方やお湯とミルクの配合、スパイスの種類と分量などで、風味や味がずいぶん違ってきます。 本場の作り方はミルクから煮出すはずですが(多分)、日本では手軽に作って飲めるようにティーバックなども市販されています。

私がのんでいるのはカルディの粉末タイプです。お湯で溶かすだけでできあがり。

f:id:daisynote:20170120175355j:plain
ゾウのイラストがかわいい(^-^)
カルディオリジナル インスタントチャイ 150g

カルディのチャイはけっこうスパイシーなので、私はホットミルクを加えて少しマイルドにしています。ティースプーン山盛り2杯のチャイの粉末をマグカップに入れてお湯を150mlほど入れてそこにレンジで人肌ぐらいに温めたミルクを50mlほど足します。

チャイのパッケージはティースプーン山盛り3杯に熱湯150mlを注ぐ、と書いてあるので、私流レシピはかなり薄めということになります。でも私にはそれぐらいのほうが飲みやすいかな。 薄めでもスパイスが効いているので、飲むと身体がほんわかと温かくなります。 時間が経つとスパイスが下のほうにたまって、飲んでいくと最後のほうほどスパイシーになるので、時々かき混ぜながら飲んでます。

パッケージにはアイスチャイの作り方も載っているので、これもいつか試してみたいな。

お日さまのありがたみ

先週末から厳しい寒波が日本にやってきてます。
センター試験があった14日15日には雪が降ったところも多くて、交通が乱れたり雪かきにいそがしかったり大変だった人も多かったみたいです。

今週になったら少しは寒さも和らぐのかなという淡い期待もむなしく、朝晩の寒さはまだかなり厳しいです。今朝もお布団からなかなか出られなくてぐずぐずとしてしまいました。
冬なんだから仕方ないとはいえこうも寒いと外に出かけるのが億劫になって、必要最低限な場合以外は室内に閉じこもってしまいがち。

幸いお天気は良く晴れてくれているので、日中は寒さも少しマシかな? 短い日照時間を有効に活用すべく、洗濯物もできるだけ太陽の方角に向けて干したりしてます。
冬至は過ぎているのでだんだん日照時間は長くなってるはずなのですが、寒い時期は日が短いように感じられます。

早く暖かくならないかな〜。春の日差しで日向ぼっこしたい。顔は紫外線防いで、身体だけお日さま浴びたい。(笑)

私の好きなお餅の食べ方

昨日は小正月の話からお餅アレンジレシピの話になり、それが楽しくなってきたので今日もその続きです。元々食べることが大好きなので、こういう流れになってしまうのも当たり前といえば当たり前なのかも。

fudangurashi.hateblo.jp

昨日はお餅をオーブントースターで焼くアレンジレシピの、マイベスト3について書きました。今日は好きなスープ系アレンジです。

【松茸風お吸い物雑煮】

おなじみ永谷園の松茸風お吸い物にお餅を入れて雑煮っぽくする食べ方、簡単なのでよくします。 レンジでお餅を8割くらいやわらかくしてオーブントーズターで焼き目をつけて香ばしく焼きます。それをお椀に入れて永谷園の松茸風お吸い物も入れて後はお湯を注ぐだけ。
お湯は気持ち少なめにして汁の濃いめにしたほうがお餅に味がよく絡みます。

f:id:daisynote:20170117155020j:plain
今日のお昼も食べました(^-^)

【コンソメもちスープ】

お湯を沸かしてスライスした玉ねぎと千切りした人参を茹でて、そこに顆粒コンソメを入れて塩胡椒で味を調えます。これも味は気持ち濃いめ。そこにレンジでやわらかくしたお餅を入れて出来上がり。洋風雑煮ですね。

和洋のすまし汁系雑煮を挙げたのは、我が家のお雑煮は味噌味なので、味噌味雑煮はお正月三が日にがっつり食べるから。基本的に雑煮=味噌味であり、アレンジレシピとなるとすまし汁系になります。

他の調理法で好きなのは、うすあげに入れて炊くやつです。お餅だけでなく他に鶏肉や野菜も入れて薄味で炊きます。餅きんちゃくの豪華版みたいなの、いわゆる「袋煮」というやつですね。

【餅入り袋煮】

油通ししたうすあげの上で、すりこぎ(または菜箸)をゴロゴロ転がしてから半分に切ります。うすあげが破れないように中を広げて、1〜2cm角に切ったお餅を1個か2個、後は鶏肉、ささがきごぼう、千切り人参、溶いた卵、後は冷蔵庫の中のあまり物などを入れて口を爪楊枝でとめます。
だし汁にみりんと醤油で味をつけたものを鍋に火にかけて沸騰したところへ入れて、中火で10分くらい煮ます。
うすあげの中にたくさん詰めると破れやすくなるし、煮えるのも時間がかかるので、少なめに詰めるのがポイントです。

袋にはお餅を入れなくもおいしいんですが、お餅が入ったほうが袋の中の具材をいい感じにまとめてくれるから好きです。
出汁をたっぷり含んでジューシーなうすあげといっしょに食べると最高です。袋煮を思いついた人は天才ですね。

小正月

昨日、1月15日は小正月。元旦から15日までが松の内で、門松や鏡餅などお正月用の特別な飾りをしていました。

15日に玄関上のしめ縄を外し、正月の間に茶の間のテレビ横に飾られていた鏡餅(市販のパック餅)を解体しました。門松はないので省略。

外したしめ縄は神社やお寺さんで行われる「どんど焼き」で燃やします。このどんど焼きの火でお餅を焼いて食べると無病息災になるらしいのですが、そこまではやっていただけませんでした。でも鏡餅パックのお餅もありがたくいただきます。


うちの家族はみんな餅好きなので年末にお餅付きをして、明けた新年1月は毎日のようにお餅を食べ続けます。
でも小正月の頃はさすがに普通のお餅レシピに飽きてきて、お餅のアレンジレシピが活発になり始めます。

 

我が家ではお餅を冷凍保存しているので、まずさらにお餅を並べてラップをせずにレンジで温めます。
調理時間はお餅の大きさによって30秒〜1分20秒。大きめのお餅の場合は途中でお皿の向きを変えて、均等に温まるようにします。(お餅の温まり方はムラが出やすいので)

お餅をレンジで温める時は目を離さないこと。あっという間にやわらかくなってドロドロの状態になったり、温めすぎて爆発しちゃうこともあるのでご注意を。

 

私は基本的にレンジで8割ぐらいやわらかくしたお餅をアルミ箔の上に並べ直し、オーブントースターで焦げ目をつけて仕上げるやり方です。
オーブントースターで焼く時に、お餅の上にいろいろ載せるのが楽しみ。


私の好きなお餅アレンジレシピは以下の通り。

【納豆チーズ餅】

タレやからしを入れてよく混ぜた納豆をレンジでやわらかくなったお餅の上に広げます。その上にとろけるスライスチーズを載せオーブントースターで焼くだけ。

 

【めんたいマヨ餅】

レンジでやわらかくなったお餅の上に明太子を塗ってマヨネーズをかけて焼きます。

 

【チーズ海苔巻き餅 】

お餅を一口大に切って少し話して並べてレンジでやわらかくします。それぞれのお餅の上にとろけるスライスチーズを載せてトースターで焼き、食べる時に一口分ずつお餅とチーズを海苔で巻いていただきます。


定番のお餅アレンジレシピばかりですが、やっぱり定番レシピっておいしいんですよ。(笑) 他のお気に入りレシピはまた今度。